1. HOME
  2. ブログ
  3. 太陽光発電、いまどうですか2019

太陽光発電、いまどうですか2019

売電収入を目指した投資案件としての太陽光発電は売電価格の下落と供給過多で下火になってきている印象ですが、個人住宅用の売電価格は事業用よりも単価が高い上、設置価格が10年前の約半額。魅力的な印象です。

太陽光発電 設置費用の推移

https://www.solar-partners.jp/karakuri-kakaku-163.html

太陽光発電の設置屋さんのサイトから引用させていただきました。半額なんだーだいぶお買い得なんだね、という印象と、もう話題になって10年たつんだねという印象。

一日の電気使用量の総数の平均が18.5kWhです。

https://www.tainavi-switch.com/contents/1255/
家電利用電力(Kwh)
エアコン(9A2台)10.8kwh
冷蔵庫(1.4A)3.4kwh
照明器具2.1kwh
TV・洗濯機などその他計2.2kwh

タイナビSwichというサイトさんの調べでは上記のような使用量になるそうです。エアコン2台で10.8kwh/日らしいので、高断熱だとこの分が大きく減る高断熱のお家だと、5kwhではすくないけれど10kwhであれば売電分プラスになるという計算が成り立ちそう。


2016年12月 295Kwh 5,130円 43,580円 8Kwh

https://xn--ickm4b1dyhj3iu63z37wa.jp/2017/03/09/15-16-electric/

実際にゼロエミッション住宅にして10kwhの太陽光パネルを運用している方がサイトで電気代と売電価格を公表されていらしたので、一部抜粋。電気代5130円で売電価格43580円。儲かってますね。家賃4万の賃貸物件をもっているようなものですね、これ。

もちろんライフスタイルによってあるいは住んでいるお家によって電気の使用量は変わるので一つの目安にすぎませんが、新築時に太陽光はじめた高断熱なお家では電気代を大きく削減して売上タタキ出してくれそうな印象です。

関連記事